介護はアルバイトからでもできる

あなたも、介護業界で働いてみませんか?

今、人材不足で深刻な状況となっています。

資格がなくても、アルバイトからでも働いていくことができます。

今回は、介護業界の実態やアルバイトで働くために必要なことに迫っていきます。

介護での仕事はどんなの?

介護業界は、利用者のQOL(=生活の質)を考えて、何ができるできるか、どんなサポートをすれば喜んでもらえるのか考えなければいけません。

QOLとは、一人一人に人間らしくどれだけ楽しく・喜んでもらえる生活をしていけるか示したものです。

利用者は、老人ホームや養護施設で生活していくことになります。

食事や排泄、歩行などこれまで当たり前にできていたことができなくなるということはツライことです。

まずはケアプランを作成するにあたってどんな治療方針をしていくかアセスメントが重要になります。

アセスメントは情報収集のことで、看護師・社会福祉士・介護福祉士などが協力していかなければいけません。

利用者の持病・通院歴を家族や病院からの資料で調べます。

さらには、訪問して性格や体調など詳しく聞いてみることで大切です。

始めてのところで生活するわけですから、ストレスや不安はつきものですよね。

利用者の立場にたった「思いやり」の精神がなんといっても大切です。

うまく会話できない人もいます。

だからいかに、「何をしてあげたら喜ぶのか、楽しんでもらえるのか」考えていかなければいけません。

介護の現場

今の日本は、ご存知の通り少子高齢化社会です。

高齢者の方は、介護を必要としていますが、家族が面倒見きれないことが多くなっています。

だから、介護施設や養護施設に預けたいのですが、スタッフの手が足りてません。

スタッフよりも、高齢者の人数のほうが圧倒的に多くになってきている人手不足に直面しています。

資格ができる業務が増えますが、なくても働くことはできます。

アルバイトからでもできる

資格がなくても、施設で働くことはできます。

アルバイトから実際に働いてみて、自分に合った仕事かどうか様子を見る方も多くいます。

むしろ、高齢者の介護となったら予想以上に体力がきつかって、続かないことケースもあります。

会話したことが通じず、いらだちもあったりもします。

施設によっては、資格を取るための援助をしてくれることもあります。

実務を重ねながら、資格を取るということもできますよ。

アルバイトからでも来てくれるのであれば、歓迎してくれる施設は多くあります。

高齢者が好きな方、思いやりがある方であればどなたでも働いていけるので、あなたもどうでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ