介護にとってアセスメントの重要性

あなたは、アセスメントを知っていますか?

介護業界でも、ケアプランを作成することが重要になっています。

今回は、アセスメントの重要性と対策法に迫っていきます。

アセスメントとは

アセスメントとは、情報収集のことです。

介護の現場では、看護師・社会福祉士・介護福祉士などが情報を共有しなければいけません。

共有して、患者さんがどんな様態なのかを知っておくことが大切です。

歩行はできるのか、食事は一人でできるのかなどを知って、一人一人にケアプランを作成していくのです。

これができていないと、事後につながることがあります。

例えば、ベットに柵を付けていなくて転倒しまうケースは多くあります、

ですが、事前に利用者にとって気を付けて対策を取っていれば起こらないことですよね。

一人一人がしっかり介護するい意識を持つことが大事でもあるのです。

そして、アセスメントを行うには、ケアマネージャが訪問しなければいけません。

介護にとってアセスメントのやるべきこと

アセスメントシートの利用者の情報を記入していかなければいけません。

職員のだれが見ても分かるように書くことが大切です。

そのためには何ができるのでしょうか

利用者の過去の通院歴や薬の利用

利用者の過去の病気や通院歴は、病院や家族からの資料で分かります。

そこから何に気を付けなければいけないか、どのような対策をすれば満足できる生活が送れるの考えていきます。

利用者の目線に合ったケアプランを作ることが求められます。

訪問して詳しく聞く

資料からでも見えてこないことはあります。

その時は、利用者の家族に実際に訪問して、具体的な話を聞くことで見えてくるものがあります。

利用者も慣れない施設で生活することから、ストレスや不安なことはつきものだと思います。

だからこそ、好きなことやリラックスできることを聞き出したりします。

注意してほしいことも聞くことで、新たな対策が考えることができますね。

問題を挙げて、解決法を提案する

資料から得たこと、家族から聞いたことの情報から、生活していくために何ができるのかを考えていきます。

問題点から見えてくる、解決法を職員と考えて提案していくのです。

とにかく利用者が快適に生活できることを考えられることが大切ですよ。

なんでもかんでも、やってあげるとかえって嫌がられることもあるので臨機応変に行動できることが求められます。

利用者のアセスメントのすることの重要性を理解して、ケアプランを作成をすることが必要なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ