介護の仕事とのワークライフバランスは無理がある

介護のことで、悩みを抱えていませんか?

介護と仕事とのワークライフバランスには無理があります。

一人で抱え込んでしまうと、会社を辞める羽目になることがあります。

今回は、両立が難しい現状や解決法に迫っていきます。

仕事と介護、両立は厳しい

今の日本で大きな問題のなっている一つが「介護」の問題です。

2015年には、高齢者の人数が4人に1人に増えています。

少子高齢化社会に直面しているのです。

それは、家族が寝たきりになって介護が必要になることも他人ごとではないのです。

あなたなら、どうしますか?

介護となると、付きっきりの生活になってしまうのです。

食事、入浴、排便、歯磨き、着替えなど今まで一人でできていたことができなくなってしまうのです。

そうなると、お金を掛かってしまうため、家族で交代で見れるのであればいいかもしれません。

しかし、自分一人だと面倒を見ながら働いていかないいかなくてはならない。

老人ホームや養護施設に入れるためのお金がないという方も多いのです。

しかし、介護は思った以上に大変なのです。

ベットから起き上がらせたり、服を脱がせたり、風呂の入れること、大人一人を介護とすることは想像以上大量を使います。

それが毎日となると、いくら交代でも仕事と介護の両立が厳しくなってしまいます。

仕事を辞めてしまう人は多い

仕事と介護とのように「仕事と生活の調和」のことをワークライフバランスと言います。

例えば、育児や仕事だとできている奥様方はたくさんいます。

それは、育児はしんどいかもしれないけど赤ちゃんは軽いので介護に比べてた体力を消耗しないからです。

つまり介護の問題に家族が直面すると、仕事を辞めてしまうことが多いのです。

いくら家族と言えども、ストレスになりうつ状態になることだってあります。

紹介したように、仕事と介護のワークライフバランスには無理があります。

誰にも相談できずに一人で抱え込んでしまうことも多いのです。

一人で抱え込まないこと

一人で抱え込むと、日数を重ねるごとに自分の体調までも悪くなってしまうのです。

仕事を辞めてしまうと、生活するためのお金も減っていき苦しくなるだけです。

では、どうすればいいのでしょうか?

そんな時には「地域包括支援センター」に相談してみることをオススメします。

地域包括支援センターとは、市町村に設置してある団体のことです。

看護師や保健師、社会福祉士が配置されていて、介護予防してもらえます。

家族の悩みや相談を、地域包括支援センターが窓口となって、支援してくれるサービスです。

仕事を辞めることなく、介護と向き合うことができるかもしれないので、まずは相談してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ