介護と看護の違い

介護とは

介護は、生活できるように安全を考量してサポートすることです。

今の日本は、サポートするだけwではなく少子高齢化社会です。

子供の人口が減る一方で、高齢者が増えていくようになっています。

日本は高齢者が長生きする国でも知れれています。

今後も、医療の発展により長生きになってきます。

今の若者も、いずれは高齢者になってしまいます。

高齢者が増えていくにつれて問題になっていくことが介護の問題です。

今は、入る施設がなくて家族で見ていかなければならないケースが増えています。

いきなり寝たきりの生活になって、介護を余儀なくされることもよくあることなのです。

そうすることで頭を抱え、どうしたらいいか分からなくなってしまうのです。

介護士も大変ですね。

まぁ介護士という仕事そのものは、やりがいもあるそうですが・・・

かいご畑の求人でも見かけましたが、結構充実はしている様子でした。

看護とは

看護とは、病気やけがを処置することです。

介護施設にも、看護師は常駐しなければいけません。

体温や血圧・脈拍などのチェックをしてもし病気になったり、悪化する恐れだってあります。

その時にいち早く処置することで回復することだってあるのです。

介護施設の看護は、予防することになくてはいけないのです。

特に高齢者は、昨日は元気だった今日は、体調が悪くなることだってあります。

対応が遅れないように、常に慎重に見ておくことが必要なのです。

治療が必要となれば、病院に搬送して対応することもあります。

協力しなければいけない

介護施設では、看護師と介護士が密接にかかわっています。

それぞれの立場からサポートすることで高齢者は長生きすることができます。

介護施設では、サポートするだけではなくどのようなサポートしていくのか決めていくのです。

介護される高齢者は、体が思うように動かなくて疲れやストレスがたまっていっています。

ですので、気持ちを落ち着かせることも含まれています。

どうやったら普段通りに生活ができるのか、楽しい毎日を送れるのかを考えていくことも必要です。

それが、改善されるケースになっていくのです。

もう無理だと思ってしまえば、それまでになってしまいます。

まずは、前向きに考えてもらえるようにすることで、リハビリやレクリエーションにも参加できますよ。

また、認知症の予防にもなります。

一方的に、サポートしてしまうと、高齢者が嫌がってしまってマイナスになってしまうことにもなります。

サポートするためには、看護師と介護士が協力することが大切なのです。

高齢者の気持ちになり考えてみることで、治療が見えてやるべきことが出てくるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ