介護での起こし方を知ろう

あなたは、介護での起こし方を正しくできていますか?

無理に起そうとすると、高齢者やあなたにも痛みが出ることになります。

毎日のことですので、正しい起こし方を知っておく必要があり居ます。

今回は、起こし方での注意点や正しい方法を紹介していきます。

起こし方を大切するべき

高齢者になると、身体が上手く動かなくなってしまい、歩行が困難になったり、食事、洗濯、排便、入浴、歯磨き、洗面、買い物など生活のあらゆることで不便を感じてしまいます。

家族だけでのサポートだけでは難しくなってしまった、デイケアや介護正接・老後施設に預けることになるのです。

ですが常に、預けることは施設の営業時間やスタッフのこと、資金面のことを考えると厳しくなります。

だから、仕事に行く前に預かってもらって、夜になると帰ってくることが定番です。

家で介護しなければいけないこともあります。

そこなかでも特に重要になることがあります。

それは、ベットからの起こし方です。

一人で起きることは難しくなるために、家族に手伝ってもらわなければけません。

高齢者は体に痛みがあり、ちょっとのことで骨折や激しい痛みに関知ることがあります。

だから、慎重に起さなければいけません。

間違った起こし方として、手首を持ったまま引っ張って起こしてしまうことです。

若いうちは、これで起こしてしまうのでつい癖でやってしまうことが考えられます。

しかし、痛みが増すばかりで寝たきりになってしまったり、一人で歩けなくなってしまうことになります。

ますますベット生活なって生活を奪ってしまうことになるのです。

高齢者の気持ちを考えて起こすことが必要なのです。

高齢者の気持ちを考えて

高齢者も、できれば一人でベットから起き上がりたいと思っているはずです。

家族の手を借りて、介護しなければいけない罪悪感、見苦しさがあるなんて人も多いです。

起こし方一つにとっても、「次からはしてほしくない」「これだったら一人で起きる」になってしまいます。

そうすると、無理して一人で起きがらろうとして、転倒やけがすることにもなります。

だからこそ、「どうやって起こしてあげれば良いのか」高齢者の気持ちを考えてあげることが大事なのです。

なるべく体に負担をかけずに、気持ちよくおお起こしてあげることが大事ですね。

また、無理をして一人で起こそうとせずに、必要であれば二人で起こすことを考えていかなければいけません。

では、正しい起こし方はどうすればいいのでしょうか?

正しい起こし方

  1. 手のひらを背中に沿って斜めに入れる
  2. しっかり高齢者を支えられるように奥まで差し込む
  3. 背中から、手首を回すように起こす
  4. 片方の手で、腰の位置あたりを支えておく
  5. そうすることで全身を使って起こすことができるので、力をあまりかけずに起こせる
  6. 高齢者にも負担が軽減するので、痛むことなく起こすことができる

高齢者を起こすことは、毎日になります。

起こし方にもいろいろあって、紹介したことはごく一例です。

無理に起そうとすると、高齢者を痛みを感じてあなたにも余計な筋肉を使うことで痛みが出てきます。

正しいかいごでの起こし方を、知って無理なく起こせるようにしておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ