介護にはどんなサービスがある

介護のサービスは分類される

介護を受けるには、市町村に申請して許可をもらう必要があります。

要介護1~5、要支援1~2に分類されます。

障害の程度によって受けられる介護、費用、時間が変わってきます。

つまり、軽度と判断される受けられるサービスも下がることにあります。

介護される方には、ご家族の協力がなければできないのです。

また介護認定されることで、介護保険の適用にもなって1割負担になります。

介護のサービス内容

介護サービスには大きく分けると3つに分かれます。

訪問サービス

訪問介護するにあったって、どんなことに気を付けたらいいのか、サポートをすればいいのかご家族に話を聞いて、ケアプランを作成します。

ベットの起き上がりや入浴、排泄、買い物、洗濯、掃除、着替え、歯磨きといった生活に必要な全般をサポートしていきます。

利用者が安心して介護してもらえるようにするには、話して打ち解けあうことも大切です。

初めての人に介護してもらうわけですから、じっくり話を聞いて安心してもらうことが大切です。

なかには会話ができない人もいます。

ですから、ジェスチャーも交えて聞いてあげる姿勢を見せることでも、安心してもらえ安くなりますよ。

看護介護サービスでは、利用者を診断して適切な治療をします。

病気があるならば、予防につなげられるように指導したりします。

医師や看護師と、ケアマネージャーが連携してできるだけ自立した生活が送れるように助言していきます。

通所サービス

通所サービスは、老人ホームや介護施設、養護施設に通ってもらって介護します。

利用者の送り迎えから始まり、施設では訪問介護と同様の行って、リハビリやレクリエーションの参加をしてもらいます。

参加することで、楽しく生活を送れるようになったり、介護予防の効果もあります。

参加したくない利用者には、無理にさせるのではなくて気持ちに寄り添ってあげることが大切になってきます。

その他のサービス

介護の申請方法がわからないという方には、代行するサービスや介護内容のことを理解してもらったりもらいます。

やはり、初めての介護には不安がつきものです。

ご家族や利用者が安心してもらえられるような介護を説明そして納得してもらう必要があります。

一方的に意見するのではなくて、サービス内容を説明したうえで利用者の気持ちを第一に考えた介護をしていきましょう。

そうでなければ、トラブルのもとになって安心して預けようとは思いません。

介護職に関するサービス

ちなみに、介護のサービスではなく転職関連のサービスを求めている方には、リンク先のサイトがオススメ。

介護の転職に関するサービスについて、登録方法から特徴までよくまとめられています。

役立つサービス担っていると思うので参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ