介護の仕事内容を知りたい!!

あなたは、介護の仕事内容をイメージできますか?

単純に、介護といっても様々なことに分類されます。

一つ一つができることで、利用者が明るく楽しく生活できるようになります。

今回は、介護の仕事内容を注意点や気を付けることと合わせて紹介していきます。

介護の仕事をするなら介護福祉士

介護の仕事で思い浮かぶのが介護福祉士ではないでしょうか?

介護福祉士は、利用者が安心して明るく、楽しく生活できるようにさまざまなサポートを行っていきます。

仕事をするうえで一番大事になってくることが、思いやりの精神です。

利用者は、身体が思うように動かない、うまく話すことができないので「何をしてあげたらいいのか」と相手の目線に立った気持ちで動いてあげることが重要です。

では、具体的にどんな仕事内容があるのでしょうか?

介護の仕事内容

一言で介護の仕事といっても、多岐に渡ります。

具体的に紹介していきます。

身体介護

食事や着替え、入浴、排泄などがあります。

高齢者はかんだり、飲み込んだ入りする力が弱くなっているため、小さく食材を切ってあげたりほぐしてあげることや、咳きこんだりすることもします。

着替えでは、転倒やぶつけることもあります。

入浴は、やけどしないように温度に注意したり、滑りやすいので手を取ってあげることが必要です。

排泄では、うまく伝わらずがまんしていることもあるので、定期的にチェックをします。

生活介護

食事の準備や洗濯・買い物、部屋の掃除などがあります。

環境が変わることが、一番の疲れやストレスになります。

一人でできないけど、常にきれいにしたいと思っています。

事前に、好きなものを買ってあげたり、きれい好きな人もいるので元通りの位置に整理整頓することで喜んでもらえます。

メンタルケア

慣れない施設や、苦しんでいる高齢者がいると心が乱れることがあります。

だから、話し相手になってあげることや、レクリエーションそして気分転換できることで気持ちを落ち着かせることにつながります。

相談・指導

ご家族と本人の話を聞きつつ、今後の方針を相談しながら決めなければいけません。

家族の人に気を付けてもらいたいことや、やってもらいなことなどを指導することでも、日々楽しく過ごすことができます。

できる限り、提案していくことが大切です。

マネージメント

経験を積んでいくと、職場の人と協力しながらマネージメント(経営管理)を考えていかなければいけません。

管理や情報共有や、後輩の指導、研修などチームワークの向上も仕事に加わってきます。

紹介したように、介護の仕事と一言で言っても、さまざまなことの分類されます。

一つ一つできてくることで、利用者が安心して楽しく快適に過ごすことができるのですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ