介護は疲れやストレスがたまりやすい

あなたは、家族が介護の問題に直面したらどうしますか?

介護は、一人でやろうとすると疲れやストレスがたまってしまいます。

相談や情報収集をして、解決の糸口を見つけることが大切です。

今回は、介護の大変さや解決する方法に迫っていきます。

介護の仕事は大変

ご家族が突然介護が必要なった時、あなたはどうしますか?

施設が定員オーバーで預かってくれなかったり、金銭面から断念せざる負えないことも起きているのです。

そうなると、家で介護するハメになってしまいます。

介護は、予想以上に大変になることがあります。

疲れ

大人一人を介護することは、体力を奪ってしまいます。

具体的には、ベットからの起こすこと、食事や歩行・入浴・着替のサポートをするかもしれません。

これが毎日になると、かなりの重労働になって疲れがたまってしまいます。

ストレス

付きっきりで生活しなければいけないかもしれません。

それは、よそ見をした際にベットからの落下や転倒の危険性もあるからです。

目が離せないことと、家に閉じこもる生活からストレスがたまっていくこともあります。

疲れとストレスは、時間を追うごとに溜りが増えていきます。

これが原因で介護うつになってしまう人が、増えているのです。

介護うつは、介護をしている人がかかってしまううつ用のことです。

あなたが、食欲低下、睡眠不足、気力、不安感などが襲ってくるのです。

その原因の一つが、一人で抱え込んでしまうことにあるのです。

一人で抱え込まないことが大事

人でなんとかしないといけないと思い込む人が多いのです。

それは、介護していることが恥ずかしかったり、ばれたくないと思ってしまうからです。

相談する

介護していることは、あなたではないということを知ってもらいたいのです。

親戚や友人、仲がいい近所の人に思い切って相談していてください。

話すだけでも、これまで背負っていた重荷が下りますよ。

ちょっとして相手も同じような境遇や経験をしていて、アドバイスを聞くことができるかもしれません。

介護の情報を集める

介護の知識が少ないことが疲れやストレスを感じやすくなっていることもあります。

最近では、介護の問題はネットや本・雑誌・新聞など様々なところで取り上げられています。

他の人は、どのような対策をとって、どうやって乗り越えていっているのかを見つけることができます。

同じように実践していくことで、あなたもきっと解放されるはずですよ、。

地域包括支援センターを使う

地域包括支援センターは、市町村ごとに配置されています。

無料で看護師や保健師、介護福祉士に相談することができます。

窓口になってくれて、介護が受けられそうな施設を紹介してもらえるので、相談してみることがオススメですよ。

介護は、始めてやろうとすると、日に日に疲れやストレスがたまってきてしまいます。

ですので、一人で抱え込まずに相談、情報収集、地域包括支援センターを使って見てください。

きっと気持ちが楽になって、解決口が見つかるはずですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ