介護予防運動とは

あなたは、介護予防運動を知っていますか?

これは、予防すること予防や悪化の防止ができるのです。

やるためには、利用者の気持ちに寄り添うことも大事になってきます。

今回は、介護予防運動の必要性を紹介していきます。

介護予防運動とは

介護予防運動とは、介護になる前となった後の予防や悪化の防止をすることです。

これは大きく二つに分けられます。

介護になる前に、運動して予防することです。

もう一つは、介護状態になってしまったけどそれ以上悪化することを防止することです。

両方ともいえることは、運動をすることで最小限にして、利用者の日常の生活に近づけることが重要です。

それには、看護師、介護福祉士、社会福祉士の協力があってできることです。

まずは利用者の過去の病歴や通院歴、服用している薬、性格などを職員と情報して共有していかなければいけません。

そしてケアプランを作成するためには、利用者の資料やご自宅に訪問して詳しい状態や症状を聞くことを必要になります。

介護予防することで、地域活動に参加できたり、高齢者の生きがいを取り戻すことができるのです。

それは、一人一人違いがあるために目的を持ってケアプランを作成することに心掛けなければいけません。

気持ちに寄り添って考えてあげることが大事

介護予防運動は、利用者の生活をなるべく日常に近づけることを目的としています。

また、大切になることが利用者の心のケア、メンタルの問題です。

一番介護になってしまってショックが大きいのは本人です。

これまでに何気なく歩けたり、食事ができてなくなるのはツライことです。

ストレスや精神的苦痛がうつ状態になったり、食事がのどを通らないことだって大きいです。

だからこそ、利用者の寄り添って気持ちも考えて、介護予防運動をしていかなくてはいけません。

無理に、予防だからといって介護することで本人のやる気やメンタルがますます弱ってしまうこともあります。

人手が足りない

紹介した介護予防運動を仕事とするには、介護予防運動指導員の資格が必要になってきます。

より専門背的技術と知識が求められ、介護予防のスペシャリストとして働いていくことができます。

しかし、介護業界の人手不足になっています。

これからの日本は高齢者が増加していくことが予想されます。

だからこそ、なってくれる人材が必要になり、介護業界で働きながら仕事の幅を広げてステップすることもできます。

あなたの、力を必要としています。

今後ますます需要のある介護予防指導として働いてみませんか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ