介護うつてどんな病気なの?

あなたは、介護うつについて知っていますか?

これは、介護する人が肉体的・精神的からかかってしまう病気なのです。

病気にかかる前に、相談、情報収集、施設の活用をすることが大切なのです。

今回は、介護うつの病気や解決法に迫っていきます。

介護うつってどんな病気?

介護うつとは、介護することになった人が肉体的・精神的にうつ状態になってしまうことです。

いくら家族と言えども、介護になると付きっきりの生活になってしまいます。

大人一人を介護することは相当な力を使います。

それが毎日となると疲れがたまってきます。

そして精神的ダメージです。

一人でなんとかしなくてはいけないと抱え込んでしまう人が多く、これが毎日続くと思ったら逃げたくもなります。

やる気も日に日に落ちていき、「どうして私だけがこんなことをしたいといけないんだろうか」と自分と葛藤することもあります。

肉体的・精神的に乱れて介護うつになってしまうと、自分の生活も診立て¥れてくる場合があります。

食欲、気力、疲労感、睡眠障害、不安感などがあります。

普段通り生活できていた日常生活ができなくなったり、やる気がなくなってしまうのです。

これによって、介護をしなければいけないと思うが、できなくなってしまうのです。

介護うつになってしまうことが、日本の深刻な社会問題になっています。

では介護うつになる前に、自分で何ができるでしょうか?

解決法

介護うつになってからでは、気力がなくなってしまうのでその前に対処しなければいけません。

解決法としてどんなことがあると思いますか?

相談する

介護という問題は、一人で抱え込んでも解決が難しいものなんです。

だから、友人や近所の人、打ち解けることができる人に相談することが大切なのです。

直結した問題解決は、難しいかもしれないけど話すことで気持ちが楽になります。

さらには、介護経験がある人であれば、良いアドバイスを聞くことができますよ。

情報を集める

介護うつは、社会問題となって新聞や雑誌、インタネットでも大きく取り上げられていることができます。

他の人の体験談から、どのように介護うつに向き合っていったか分かると思います。

そのための知識が多く掲載されているので、あなたも実践していくことで介護うつを乗り越えることができるかもしれませんよ。

地域包括支援センターの活用

介護を一人で見ることになる、大きな理由は経済的なことがあります。

それならば、地域包括支援センタ―を使ってみることをオススメします。

こちらは、市町村ごとにおかれている団体です。

看護師や保健師、介護福祉士などの職員が配置されていて、介護予防をサポートしてくれます。

介護うつ相談を、専門の相談員に聞いてもらって、地域包括支援センターが窓口になって、支援してくれますよ。

紹介してきたように介護うつは、一人で抱えられる問題ではないのです。

ですから、情報を集めて地域の正接を活用して、介護うつに向き合っていくことが大切なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ