将来は、介護の仕事もaiを導入している

あなたは、介護業界が人手不足になっているを知っていますか?

だからこそ、aiロボットが導入されているのです。

今回は、介護業界の問題点やaiロボットの必要性を紹介していきます。

日本は、少子高齢化者が加速している

ご存知の通り日本は、少子高齢化社会です。

2025年には、65歳以上の高齢者が人口の3割にも上るといわれています。

そうなってくると、考えなければいけないことが介護の問題です。

寝たきりや、一人で歩行が困難な方にサポートしていない生きていけなくなってしまいます。

そうなると、老人ホームや養護施設などに預けることになります。

なぜなら、いくら家族といっても面倒を見きれないという人が多くなるからです。

一日中、介護となったら仕事ができなくなってしまう・・・

生活ができなくなってしまいまになりまsすし、お金も莫大な金額かかることは予想されます。

車いすを買ったり、介護用のベットや、その諸経費がもろもろかかりますよね。

だから、老人ホームや養護施設に預けることが経てしまいます。

ですが、みんな考えることは同じで、介護福祉士や看護師のスタッフに限界があるから、今人手不足になっているのです。

それをカバーするために、様々な施設でaiロボットの導入が進められています。

人手が足りないためにai導入へ

aiは、人工知能でインプットされた情報から動くことができます。

食事や排泄、歩行のサポート、ベットから車いすへの移動など・・・

これまで、人手が必要だったのにロボットがやってくれる

さらに、夜の巡回も強化しなければいけません。

aiロボットができることで、人手不足に解消につながり、スタッフが他の業務を粉うことができます。

必要な時だけアラームが鳴って、駆けつけて対応することができるのです。

さらには、コミュニケーションが取れるようになっていて、高齢者のストレスを軽減することができます。

このようにaiロボットは、介護業界でも人手不足の解消につながっています。

ですが、コスト面が高い、メンテナンスが大変、操作が難しい、安心感に欠けるなどのデメリットもあります。

だから、今後の改善点はたくさんありそうです。

でも、人手不足を解消することに変わりがないので、aiを導入することで将来的に期待されるといえそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です