介護」カテゴリーアーカイブ

介護業界の知っておくべき情報や知恵をまとめました。

介護職員のアンケート結果

介護職員の97%は人材不足と思っている

今の介護業界は人材不足の陥っています。

それは、少子高齢化になっているからです。

働く人材よりも介護を必要とされる高齢者が多くなっているのです。

施設に預けられなければ、家族自身が介護をしなければいけない、あるいは訪問介護で自宅まで行ってケアすることもあります。

職員は、介護施設と訪問介護の両方をすることになるのです。

また、日中だけではなく24時間の施設であれば夜勤の仕事も増えてしまうのです。

夜勤になると、働けない主婦の方もいるのでさらに人材不足になります。

そのうえ、暗いことで転倒やけがの危険も増えるのでいっそう注意深くしなければいけないのです。

このような背景もあって、介護職員の97%は人材不足とアンケートしています。

人材不足の原因

そもそも人材不足になっている現状があるのです。

給料が低い

例えば、介護全般を行う介護福祉士は国家資格にもかかわらず給料は月収で20万と低いのです。

仕事量に対して割に合わないと解答している人も多くいます。

さらには手取り15万という施設もあり生活していくのが厳しい現状もあるのです。

残業時間が多い

人手の確保ができないので、残業時間が増えてしまうのです。

高齢者の介護となると、かなりの力作業になって体力が持たず、耐えることができなくなってしまうのです。

残業時間が長くなることで、仕事とプライベートの両立が難しいと答える人が多くいます。

休みがない

休みになっていたとしても、高齢者の状態が急変して呼び出されることだってあります。

さらには、前日になって人手が足りないから入ってもらえないかと頼まれることもよくあります。

休みがあっても、急に吹っ飛んでしまって気づけば連続出勤になっている人も多いのです。

一人当たりの業務量が多い

人手が足りないことで一人が見る高齢者の数が増えてしまいます。

そうすると、一人あたりの業務量が多くなります。

さらには、見切れないことで転倒やけがの危険性も高くなるのです。

2019年からは給料アップがされるが・・・

2019年からは給料アップをされるといっても10年勤続した人に8万の給料が上乗せされます。

介護離職ゼロを目指そうとしていますが・・・

しかし、介護福祉士の勤続平均はわずか6年なのです。

ですから実質的には人材不足の歯止めには期待されないという声が多く上がっています。

一刻も早く、97%の人が人材不足とアンケート結果から解決しなければいけない課題といえます。

介護と看護の違い

介護とは

介護は、生活できるように安全を考量してサポートすることです。

今の日本は、サポートするだけwではなく少子高齢化社会です。

子供の人口が減る一方で、高齢者が増えていくようになっています。

日本は高齢者が長生きする国でも知れれています。

今後も、医療の発展により長生きになってきます。

今の若者も、いずれは高齢者になってしまいます。

高齢者が増えていくにつれて問題になっていくことが介護の問題です。

今は、入る施設がなくて家族で見ていかなければならないケースが増えています。

いきなり寝たきりの生活になって、介護を余儀なくされることもよくあることなのです。

そうすることで頭を抱え、どうしたらいいか分からなくなってしまうのです。

介護士も大変ですね。

まぁ介護士という仕事そのものは、やりがいもあるそうですが・・・

かいご畑の求人でも見かけましたが、結構充実はしている様子でした。

看護とは

看護とは、病気やけがを処置することです。

介護施設にも、看護師は常駐しなければいけません。

体温や血圧・脈拍などのチェックをしてもし病気になったり、悪化する恐れだってあります。

その時にいち早く処置することで回復することだってあるのです。

介護施設の看護は、予防することになくてはいけないのです。

特に高齢者は、昨日は元気だった今日は、体調が悪くなることだってあります。

対応が遅れないように、常に慎重に見ておくことが必要なのです。

治療が必要となれば、病院に搬送して対応することもあります。

協力しなければいけない

介護施設では、看護師と介護士が密接にかかわっています。

それぞれの立場からサポートすることで高齢者は長生きすることができます。

介護施設では、サポートするだけではなくどのようなサポートしていくのか決めていくのです。

介護される高齢者は、体が思うように動かなくて疲れやストレスがたまっていっています。

ですので、気持ちを落ち着かせることも含まれています。

どうやったら普段通りに生活ができるのか、楽しい毎日を送れるのかを考えていくことも必要です。

それが、改善されるケースになっていくのです。

もう無理だと思ってしまえば、それまでになってしまいます。

まずは、前向きに考えてもらえるようにすることで、リハビリやレクリエーションにも参加できますよ。

また、認知症の予防にもなります。

一方的に、サポートしてしまうと、高齢者が嫌がってしまってマイナスになってしまうことにもなります。

サポートするためには、看護師と介護士が協力することが大切なのです。

高齢者の気持ちになり考えてみることで、治療が見えてやるべきことが出てくるのです。

介護でイライラすることばかり

介護はイライラがつきもの

介護を初めてする方は、疲れやストレスがたまってしまいます。

それは、介護する誰もが通る道なのです。

同時に、介護される人も介護されたくないのが本音です。

これまで、一人でできていたことが急にサポートなしではなくなってしまったからです。

サポートされることに、反発したり・感情がむき出しになることもあります。

だから、あなたがイライラすることで余計にサポートが上手くできなくなるのです。

けがや転倒につながってしまうのですね。

では、具体的にどんなことにイライラなってしまうのか見ていきましょう。

食事

食事は、楽しみにしているのは誰もがですよね。

一人一人のペースがあるので、タイミング乱れるだけで嫌になる人もいます。

また好き嫌いもあって、無理やり食べさせたり、せかすこともよくないです。

入浴

入浴で一番気を付けなければいけないのが、転倒です。

滑りやすくなって、後頭部を打ってしまう事故が一番多いです。

手足が不自由なため、しっかりおさえて転ばないようにサポートします。

排便

日中は見ているからいいけど、夜行きたい時に一人で行ってしまうことがあります。

一人で歩くことで、転倒する危険が高まります。

だから、起きたら気づいて上げたり、排便する時間を決めて多くことが必要ですね。

着替え

無理やり服を着させることで、関節が痛くなったり、骨が弱くなっているので折れたりすることがあります。

ゆっくり時間をかけて、着替えをしなければいけません。

紹介したようなことが、日に日に増してイライラになり、疲れやストレスにたまっていきます。

介護しているには、「介護うつ」と病気になるくらい追い込まれてしまうのです。

その大きな原因は、介護の問題を一人で抱え込んでしまうことにもあるのです・・・

一人で抱え込んでしまう

一人で抱えてしまう、深刻な方向にばかり考えてしまいます。

人には話すことが恥ずかしいと思う心情はあります。

ですが、比較的話しやすい親戚や友人、近所の方に聞いてもらうだけでも気持ちが楽になりますよ。

また、経験者がいればよいアドバイスをもらうこともできるかもしれませんよ。

地域包括支援センターの相談

地域包括センターは、市町村に設置されています。

看護師や保健師、介護福祉士などが常駐していて、相談窓口になってもらえます。

施設を紹介してもらえるので、まずは相談してみてくださいね。

介護に一人で向き合うと、イライラすることばかりで疲れやストレスがたまってしまいます。

一人で抱え込まずに、相談することをしてみてください。

介護業界で残業の平均はどれくらいなの?

介護業界での半数は残業がある

介護業界では、人手不足になって深刻な状態に直面しています。

それは辞めていく人が多くなっているからで、大きな理由は賃金の安さです。

ひとりあたり月に20万円以上行かないことも多く、手取り15万くらいという事例もあります。

国家資格であるのに、それに見合った給料が支払われていないことに不満に感じる人が多いのです。

人材不足になれば、少ない人数で仕事を回さなければいけませんよね。

そうなると残業をしてでも働くこともあります。

介護業界で働く半数以上は残業をしていると回答しています。

週に5時間未満していると答えた人は10~15%、10時間以上していると答えた人は5~7%くらいでした。

そのうちの47%は、残業代を申告できてないといえます。

未払い状態になっているのです。

あるいは、自主残業をしている人も多くいます。

介護業界は、高齢者をサポートしたいと強い気持ちを持っている人が多いために自主残業になっているようです。

その雰囲気から、残業代を申告したくてもできない状態になっていることもあります。

残業になってしまう状態になっている

残業が多くなってしまう原因は、辞めていくことが多いと前述しました。

その原因は、残業がない以外にも仕事内容が想像以上にキツイことが挙げられます。

力仕事

大人一人をベットに起き上がり、入浴に入れる時に力仕事になってしまいます。

それが毎日の作業になると、足や手・腰に痛みを感じてダウンしている人もいます。

結婚

さらに、結婚すれば辞めていく人が多いからです。

やはり仕事の家庭の両立は、難しいことにあります。

家のことをしながら、合間に仕事に行くにも負担が出るようです。

さらに言えば、親の介護が必要になってきさえすればますます続けられない状態になってしまいます。

夜勤

夜勤はさらに働けないという方が多く、少人数になるといわざるえません。

ですが、夜は暗闇で転倒や事故の可能性も増えてしまうので、おのずと残業になってしまうのです。

このように介護業界は、入ったとしても長く続けてもらえる人がいなくて残業代が出せない状態になっています。

今後は、少子高齢化がもっと進んでますまず職員が必要になります。

だから今の残業代が増えてしまうことも考えられます。

そうなると、辞めてしまう人が出てきてしまうために悪循環になっているといえます。

給料を増やすように、政府は動いている状態ですが現状は何も変わっていないのです。

介護福祉士は賃上げできるようになる

介護業界は、人材不足になっている

介護業界は今深刻な状態になっています。

それは、少子高齢化になって施設が足りない、介護ができる職員の人手不足になっているのです。

だから、少ない職員で仕事を回さないといけないために、おのずと仕事量が増えてストレスと疲れがたまっていってしまいました。

食事やベットの起き上がり、入浴、着替え、排便、歯磨き、買い物と身の回りのサポートをすべてしないといけません。

少しでも目を離したすきに、転倒やけがの危険性もあって職員の負担は増えるばかりなのです。

さらには、施設に預けれない人には「訪問介護」もします。

アルバイトや、ヘルパーなど資格ない人も採用しても人手不足の解消になっていません。

辞めていく大きな理由には、ストレスや疲れがたまっていくこともありますが、何よりも低位賃金の問題です。

介護福祉士の賃金は、厚生労働省のデーターによると、月給21万8900円となっています。

同じ現場で働く看護師は、32万8400円と圧倒的な収入の格差があることがわかります。

また、介護福祉士になるためには平成28年度から「実務者研修」が導入されました。

最近では、ニュースでも事件や事故が取りざたされています。

安心して施設に預けることができない家族が増えしまったことが原因でもあります。

だから、3年の実習を積んで高度な知識と経験が必要になったのです。

介護駆福祉士のハードルが高くなって、なろうとしている人が減ってしまった背景があるのです・・・

勤続年数10年の人は、月々8万円の賃上げ

政府も対策を考える事態となって、「勤続年数10年の人は、月々8万円の賃上げ」を2019年10月にするように提案しました。

これは、事業所に支給されるだけで8万アップできるとは限りません。

10年という長さも、それまで続かない人もいたら、結局この政策自体が意味がなかったことにもなります。

また、辞めていく原因は過酷さだけではありません。

働いていくなかで、親の介護を必要になることも多いです。

そうなると、仕事と介護の両立が難しくなって、辞めていくことにもあります。

だから、人材確保するにはどうするべきが考えていくことが最優先になっていきます。

施設によっては、AIを導入して職員の負担を減らすことができますが、全てのことができるとは限りません。

例えば、感情を読み取って会話することができるのか、価格や設置場所も考えなければいけません。

ですから、介護福祉士は賃上げができるようになったからと言って、人材不足の改善には直結しないのですね。

介護離職は、今後の課題といえそうです・・・

介護にはどんなサービスがある

介護のサービスは分類される

介護を受けるには、市町村に申請して許可をもらう必要があります。

要介護1~5、要支援1~2に分類されます。

障害の程度によって受けられる介護、費用、時間が変わってきます。

つまり、軽度と判断される受けられるサービスも下がることにあります。

介護される方には、ご家族の協力がなければできないのです。

また介護認定されることで、介護保険の適用にもなって1割負担になります。

介護のサービス内容

介護サービスには大きく分けると3つに分かれます。

訪問サービス

訪問介護するにあったって、どんなことに気を付けたらいいのか、サポートをすればいいのかご家族に話を聞いて、ケアプランを作成します。

ベットの起き上がりや入浴、排泄、買い物、洗濯、掃除、着替え、歯磨きといった生活に必要な全般をサポートしていきます。

利用者が安心して介護してもらえるようにするには、話して打ち解けあうことも大切です。

初めての人に介護してもらうわけですから、じっくり話を聞いて安心してもらうことが大切です。

なかには会話ができない人もいます。

ですから、ジェスチャーも交えて聞いてあげる姿勢を見せることでも、安心してもらえ安くなりますよ。

看護介護サービスでは、利用者を診断して適切な治療をします。

病気があるならば、予防につなげられるように指導したりします。

医師や看護師と、ケアマネージャーが連携してできるだけ自立した生活が送れるように助言していきます。

通所サービス

通所サービスは、老人ホームや介護施設、養護施設に通ってもらって介護します。

利用者の送り迎えから始まり、施設では訪問介護と同様の行って、リハビリやレクリエーションの参加をしてもらいます。

参加することで、楽しく生活を送れるようになったり、介護予防の効果もあります。

参加したくない利用者には、無理にさせるのではなくて気持ちに寄り添ってあげることが大切になってきます。

その他のサービス

介護の申請方法がわからないという方には、代行するサービスや介護内容のことを理解してもらったりもらいます。

やはり、初めての介護には不安がつきものです。

ご家族や利用者が安心してもらえられるような介護を説明そして納得してもらう必要があります。

一方的に意見するのではなくて、サービス内容を説明したうえで利用者の気持ちを第一に考えた介護をしていきましょう。

そうでなければ、トラブルのもとになって安心して預けようとは思いません。

介護職に関するサービス

ちなみに、介護のサービスではなく転職関連のサービスを求めている方には、リンク先のサイトがオススメ。

介護の転職に関するサービスについて、登録方法から特徴までよくまとめられています。

役立つサービス担っていると思うので参考にしてみてくださいね。

介護は疲れやストレスがたまりやすい

あなたは、家族が介護の問題に直面したらどうしますか?

介護は、一人でやろうとすると疲れやストレスがたまってしまいます。

相談や情報収集をして、解決の糸口を見つけることが大切です。

今回は、介護の大変さや解決する方法に迫っていきます。

介護の仕事は大変

ご家族が突然介護が必要なった時、あなたはどうしますか?

施設が定員オーバーで預かってくれなかったり、金銭面から断念せざる負えないことも起きているのです。

そうなると、家で介護するハメになってしまいます。

介護は、予想以上に大変になることがあります。

疲れ

大人一人を介護することは、体力を奪ってしまいます。

具体的には、ベットからの起こすこと、食事や歩行・入浴・着替のサポートをするかもしれません。

これが毎日になると、かなりの重労働になって疲れがたまってしまいます。

ストレス

付きっきりで生活しなければいけないかもしれません。

それは、よそ見をした際にベットからの落下や転倒の危険性もあるからです。

目が離せないことと、家に閉じこもる生活からストレスがたまっていくこともあります。

疲れとストレスは、時間を追うごとに溜りが増えていきます。

これが原因で介護うつになってしまう人が、増えているのです。

介護うつは、介護をしている人がかかってしまううつ用のことです。

あなたが、食欲低下、睡眠不足、気力、不安感などが襲ってくるのです。

その原因の一つが、一人で抱え込んでしまうことにあるのです。

一人で抱え込まないことが大事

人でなんとかしないといけないと思い込む人が多いのです。

それは、介護していることが恥ずかしかったり、ばれたくないと思ってしまうからです。

相談する

介護していることは、あなたではないということを知ってもらいたいのです。

親戚や友人、仲がいい近所の人に思い切って相談していてください。

話すだけでも、これまで背負っていた重荷が下りますよ。

ちょっとして相手も同じような境遇や経験をしていて、アドバイスを聞くことができるかもしれません。

介護の情報を集める

介護の知識が少ないことが疲れやストレスを感じやすくなっていることもあります。

最近では、介護の問題はネットや本・雑誌・新聞など様々なところで取り上げられています。

他の人は、どのような対策をとって、どうやって乗り越えていっているのかを見つけることができます。

同じように実践していくことで、あなたもきっと解放されるはずですよ、。

地域包括支援センターを使う

地域包括支援センターは、市町村ごとに配置されています。

無料で看護師や保健師、介護福祉士に相談することができます。

窓口になってくれて、介護が受けられそうな施設を紹介してもらえるので、相談してみることがオススメですよ。

介護は、始めてやろうとすると、日に日に疲れやストレスがたまってきてしまいます。

ですので、一人で抱え込まずに相談、情報収集、地域包括支援センターを使って見てください。

きっと気持ちが楽になって、解決口が見つかるはずですよ。

介護をするうえでプライバシーを守るべき

あなたは、プライバシーを守れていますか?

思いも知らないところから情報が漏れていることだってあります。

介護をするうえで、利用者の情報を預かっていることに責任を持たなければいけません。

今回は、プライバシーの重要性や気を付けることを紹介していきます。

プライバシーを守る必要がある

なんの仕事をするにして、一人一人にプライバシーがあります。

ニュースでもたびたび取り上げれていることですよね。

セキュリティーが甘くて、パソコンの内部に入られてしまって顧客情報が盗まれることを聞きます。

お客は、会社を信用して情報を提供しているわけなのに、これでは預けることができませんよね。

盗む人は、あらゆる手口で考えて計画を立てて盗んできます。

一度内部に入られてしまうと、簡単に何百件、何千件と情報が盗まれるわけです。

介護業界でも、同じように情報を扱っています。

一人一人に、病歴や通院歴、服用している薬、入院施設な知られたくない情報も多くあります。

それは、介護というものが恥ずかしい、情けないという気持ちがあるからです。

今まで一人でできていたことが、介護してもらわないと生活してなくなってしまった・・・

プライバシーをしっかりスタッフの中で、徹底して外部に漏れないようにすることが大切なのです。

ニュースでも、損害賠償を請求されたり、裁判沙汰になってしまって高額にケースだってあります。

他にも、情報が漏れることがあります。

思わずやってしまっていること

働いている時ではなく、プライベートでもやってしまっていることがあります。

うっかり人に話してしまう

友達と職場のことについて話すことがありますよね。

その時に、特定の人物が分かるように悪口や愚痴を言ってしまえば危険があります。

友達が誰かに伝えることだって、十分に考えられるからです。

SNSを使っての情報漏れ

最近はtwitterやfacebookで、なんでもつぶやくことができます。

気晴らしに利用者のことについて書きこんでしまうことがあります。

世界中に拡散されることで、後々大変なことにつながります。

家で仕事をする

職場で仕事が終わらなくて、資料を家に持ち帰って作業する人もいます。

その時に、資料がカバンから落ちたり置き忘れて、第三者に見られてしまうことも注意が必要です。

また、外で見ていた時に、見られることだってあります。

紹介したように、情報は何気ない行動で漏れることがあります。

一人一人が、利用者のプライバシーを預かっている自覚と責任を持っていかなければなりません。

そして介護するうえで、スタッフ全員が徹底して管理することが大切なのです。

介護予防運動とは

あなたは、介護予防運動を知っていますか?

これは、予防すること予防や悪化の防止ができるのです。

やるためには、利用者の気持ちに寄り添うことも大事になってきます。

今回は、介護予防運動の必要性を紹介していきます。

介護予防運動とは

介護予防運動とは、介護になる前となった後の予防や悪化の防止をすることです。

これは大きく二つに分けられます。

介護になる前に、運動して予防することです。

もう一つは、介護状態になってしまったけどそれ以上悪化することを防止することです。

両方ともいえることは、運動をすることで最小限にして、利用者の日常の生活に近づけることが重要です。

それには、看護師、介護福祉士、社会福祉士の協力があってできることです。

まずは利用者の過去の病歴や通院歴、服用している薬、性格などを職員と情報して共有していかなければいけません。

そしてケアプランを作成するためには、利用者の資料やご自宅に訪問して詳しい状態や症状を聞くことを必要になります。

介護予防することで、地域活動に参加できたり、高齢者の生きがいを取り戻すことができるのです。

それは、一人一人違いがあるために目的を持ってケアプランを作成することに心掛けなければいけません。

気持ちに寄り添って考えてあげることが大事

介護予防運動は、利用者の生活をなるべく日常に近づけることを目的としています。

また、大切になることが利用者の心のケア、メンタルの問題です。

一番介護になってしまってショックが大きいのは本人です。

これまでに何気なく歩けたり、食事ができてなくなるのはツライことです。

ストレスや精神的苦痛がうつ状態になったり、食事がのどを通らないことだって大きいです。

だからこそ、利用者の寄り添って気持ちも考えて、介護予防運動をしていかなくてはいけません。

無理に、予防だからといって介護することで本人のやる気やメンタルがますます弱ってしまうこともあります。

人手が足りない

紹介した介護予防運動を仕事とするには、介護予防運動指導員の資格が必要になってきます。

より専門背的技術と知識が求められ、介護予防のスペシャリストとして働いていくことができます。

しかし、介護業界の人手不足になっています。

これからの日本は高齢者が増加していくことが予想されます。

だからこそ、なってくれる人材が必要になり、介護業界で働きながら仕事の幅を広げてステップすることもできます。

あなたの、力を必要としています。

今後ますます需要のある介護予防指導として働いてみませんか?

介護うつてどんな病気なの?

あなたは、介護うつについて知っていますか?

これは、介護する人が肉体的・精神的からかかってしまう病気なのです。

病気にかかる前に、相談、情報収集、施設の活用をすることが大切なのです。

今回は、介護うつの病気や解決法に迫っていきます。

介護うつってどんな病気?

介護うつとは、介護することになった人が肉体的・精神的にうつ状態になってしまうことです。

いくら家族と言えども、介護になると付きっきりの生活になってしまいます。

大人一人を介護することは相当な力を使います。

それが毎日となると疲れがたまってきます。

そして精神的ダメージです。

一人でなんとかしなくてはいけないと抱え込んでしまう人が多く、これが毎日続くと思ったら逃げたくもなります。

やる気も日に日に落ちていき、「どうして私だけがこんなことをしたいといけないんだろうか」と自分と葛藤することもあります。

肉体的・精神的に乱れて介護うつになってしまうと、自分の生活も診立て¥れてくる場合があります。

食欲、気力、疲労感、睡眠障害、不安感などがあります。

普段通り生活できていた日常生活ができなくなったり、やる気がなくなってしまうのです。

これによって、介護をしなければいけないと思うが、できなくなってしまうのです。

介護うつになってしまうことが、日本の深刻な社会問題になっています。

では介護うつになる前に、自分で何ができるでしょうか?

解決法

介護うつになってからでは、気力がなくなってしまうのでその前に対処しなければいけません。

解決法としてどんなことがあると思いますか?

相談する

介護という問題は、一人で抱え込んでも解決が難しいものなんです。

だから、友人や近所の人、打ち解けることができる人に相談することが大切なのです。

直結した問題解決は、難しいかもしれないけど話すことで気持ちが楽になります。

さらには、介護経験がある人であれば、良いアドバイスを聞くことができますよ。

情報を集める

介護うつは、社会問題となって新聞や雑誌、インタネットでも大きく取り上げられていることができます。

他の人の体験談から、どのように介護うつに向き合っていったか分かると思います。

そのための知識が多く掲載されているので、あなたも実践していくことで介護うつを乗り越えることができるかもしれませんよ。

地域包括支援センターの活用

介護を一人で見ることになる、大きな理由は経済的なことがあります。

それならば、地域包括支援センタ―を使ってみることをオススメします。

こちらは、市町村ごとにおかれている団体です。

看護師や保健師、介護福祉士などの職員が配置されていて、介護予防をサポートしてくれます。

介護うつ相談を、専門の相談員に聞いてもらって、地域包括支援センターが窓口になって、支援してくれますよ。

紹介してきたように介護うつは、一人で抱えられる問題ではないのです。

ですから、情報を集めて地域の正接を活用して、介護うつに向き合っていくことが大切なのです。

介護での起こし方を知ろう

あなたは、介護での起こし方を正しくできていますか?

無理に起そうとすると、高齢者やあなたにも痛みが出ることになります。

毎日のことですので、正しい起こし方を知っておく必要があり居ます。

今回は、起こし方での注意点や正しい方法を紹介していきます。

起こし方を大切するべき

高齢者になると、身体が上手く動かなくなってしまい、歩行が困難になったり、食事、洗濯、排便、入浴、歯磨き、洗面、買い物など生活のあらゆることで不便を感じてしまいます。

家族だけでのサポートだけでは難しくなってしまった、デイケアや介護正接・老後施設に預けることになるのです。

ですが常に、預けることは施設の営業時間やスタッフのこと、資金面のことを考えると厳しくなります。

だから、仕事に行く前に預かってもらって、夜になると帰ってくることが定番です。

家で介護しなければいけないこともあります。

そこなかでも特に重要になることがあります。

それは、ベットからの起こし方です。

一人で起きることは難しくなるために、家族に手伝ってもらわなければけません。

高齢者は体に痛みがあり、ちょっとのことで骨折や激しい痛みに関知ることがあります。

だから、慎重に起さなければいけません。

間違った起こし方として、手首を持ったまま引っ張って起こしてしまうことです。

若いうちは、これで起こしてしまうのでつい癖でやってしまうことが考えられます。

しかし、痛みが増すばかりで寝たきりになってしまったり、一人で歩けなくなってしまうことになります。

ますますベット生活なって生活を奪ってしまうことになるのです。

高齢者の気持ちを考えて起こすことが必要なのです。

高齢者の気持ちを考えて

高齢者も、できれば一人でベットから起き上がりたいと思っているはずです。

家族の手を借りて、介護しなければいけない罪悪感、見苦しさがあるなんて人も多いです。

起こし方一つにとっても、「次からはしてほしくない」「これだったら一人で起きる」になってしまいます。

そうすると、無理して一人で起きがらろうとして、転倒やけがすることにもなります。

だからこそ、「どうやって起こしてあげれば良いのか」高齢者の気持ちを考えてあげることが大事なのです。

なるべく体に負担をかけずに、気持ちよくおお起こしてあげることが大事ですね。

また、無理をして一人で起こそうとせずに、必要であれば二人で起こすことを考えていかなければいけません。

では、正しい起こし方はどうすればいいのでしょうか?

正しい起こし方

  1. 手のひらを背中に沿って斜めに入れる
  2. しっかり高齢者を支えられるように奥まで差し込む
  3. 背中から、手首を回すように起こす
  4. 片方の手で、腰の位置あたりを支えておく
  5. そうすることで全身を使って起こすことができるので、力をあまりかけずに起こせる
  6. 高齢者にも負担が軽減するので、痛むことなく起こすことができる

高齢者を起こすことは、毎日になります。

起こし方にもいろいろあって、紹介したことはごく一例です。

無理に起そうとすると、高齢者を痛みを感じてあなたにも余計な筋肉を使うことで痛みが出てきます。

正しいかいごでの起こし方を、知って無理なく起こせるようにしておきましょう。

介護の仕事とのワークライフバランスは無理がある

介護のことで、悩みを抱えていませんか?

介護と仕事とのワークライフバランスには無理があります。

一人で抱え込んでしまうと、会社を辞める羽目になることがあります。

今回は、両立が難しい現状や解決法に迫っていきます。

仕事と介護、両立は厳しい

今の日本で大きな問題のなっている一つが「介護」の問題です。

2015年には、高齢者の人数が4人に1人に増えています。

少子高齢化社会に直面しているのです。

それは、家族が寝たきりになって介護が必要になることも他人ごとではないのです。

あなたなら、どうしますか?

介護となると、付きっきりの生活になってしまうのです。

食事、入浴、排便、歯磨き、着替えなど今まで一人でできていたことができなくなってしまうのです。

そうなると、お金を掛かってしまうため、家族で交代で見れるのであればいいかもしれません。

しかし、自分一人だと面倒を見ながら働いていかないいかなくてはならない。

老人ホームや養護施設に入れるためのお金がないという方も多いのです。

しかし、介護は思った以上に大変なのです。

ベットから起き上がらせたり、服を脱がせたり、風呂の入れること、大人一人を介護とすることは想像以上大量を使います。

それが毎日となると、いくら交代でも仕事と介護の両立が厳しくなってしまいます。

仕事を辞めてしまう人は多い

仕事と介護とのように「仕事と生活の調和」のことをワークライフバランスと言います。

例えば、育児や仕事だとできている奥様方はたくさんいます。

それは、育児はしんどいかもしれないけど赤ちゃんは軽いので介護に比べてた体力を消耗しないからです。

つまり介護の問題に家族が直面すると、仕事を辞めてしまうことが多いのです。

いくら家族と言えども、ストレスになりうつ状態になることだってあります。

紹介したように、仕事と介護のワークライフバランスには無理があります。

誰にも相談できずに一人で抱え込んでしまうことも多いのです。

一人で抱え込まないこと

一人で抱え込むと、日数を重ねるごとに自分の体調までも悪くなってしまうのです。

仕事を辞めてしまうと、生活するためのお金も減っていき苦しくなるだけです。

では、どうすればいいのでしょうか?

そんな時には「地域包括支援センター」に相談してみることをオススメします。

地域包括支援センターとは、市町村に設置してある団体のことです。

看護師や保健師、社会福祉士が配置されていて、介護予防してもらえます。

家族の悩みや相談を、地域包括支援センターが窓口となって、支援してくれるサービスです。

仕事を辞めることなく、介護と向き合うことができるかもしれないので、まずは相談してみてはいかがでしょうか?

介護の仕事内容を知りたい!!

あなたは、介護の仕事内容をイメージできますか?

単純に、介護といっても様々なことに分類されます。

一つ一つができることで、利用者が明るく楽しく生活できるようになります。

今回は、介護の仕事内容を注意点や気を付けることと合わせて紹介していきます。

介護の仕事をするなら介護福祉士

介護の仕事で思い浮かぶのが介護福祉士ではないでしょうか?

介護福祉士は、利用者が安心して明るく、楽しく生活できるようにさまざまなサポートを行っていきます。

仕事をするうえで一番大事になってくることが、思いやりの精神です。

利用者は、身体が思うように動かない、うまく話すことができないので「何をしてあげたらいいのか」と相手の目線に立った気持ちで動いてあげることが重要です。

では、具体的にどんな仕事内容があるのでしょうか?

介護の仕事内容

一言で介護の仕事といっても、多岐に渡ります。

具体的に紹介していきます。

身体介護

食事や着替え、入浴、排泄などがあります。

高齢者はかんだり、飲み込んだ入りする力が弱くなっているため、小さく食材を切ってあげたりほぐしてあげることや、咳きこんだりすることもします。

着替えでは、転倒やぶつけることもあります。

入浴は、やけどしないように温度に注意したり、滑りやすいので手を取ってあげることが必要です。

排泄では、うまく伝わらずがまんしていることもあるので、定期的にチェックをします。

生活介護

食事の準備や洗濯・買い物、部屋の掃除などがあります。

環境が変わることが、一番の疲れやストレスになります。

一人でできないけど、常にきれいにしたいと思っています。

事前に、好きなものを買ってあげたり、きれい好きな人もいるので元通りの位置に整理整頓することで喜んでもらえます。

メンタルケア

慣れない施設や、苦しんでいる高齢者がいると心が乱れることがあります。

だから、話し相手になってあげることや、レクリエーションそして気分転換できることで気持ちを落ち着かせることにつながります。

相談・指導

ご家族と本人の話を聞きつつ、今後の方針を相談しながら決めなければいけません。

家族の人に気を付けてもらいたいことや、やってもらいなことなどを指導することでも、日々楽しく過ごすことができます。

できる限り、提案していくことが大切です。

マネージメント

経験を積んでいくと、職場の人と協力しながらマネージメント(経営管理)を考えていかなければいけません。

管理や情報共有や、後輩の指導、研修などチームワークの向上も仕事に加わってきます。

紹介したように、介護の仕事と一言で言っても、さまざまなことの分類されます。

一つ一つできてくることで、利用者が安心して楽しく快適に過ごすことができるのですね。

介護はアルバイトからでもできる

あなたも、介護業界で働いてみませんか?

今、人材不足で深刻な状況となっています。

資格がなくても、アルバイトからでも働いていくことができます。

今回は、介護業界の実態やアルバイトで働くために必要なことに迫っていきます。

介護での仕事はどんなの?

介護業界は、利用者のQOL(=生活の質)を考えて、何ができるできるか、どんなサポートをすれば喜んでもらえるのか考えなければいけません。

QOLとは、一人一人に人間らしくどれだけ楽しく・喜んでもらえる生活をしていけるか示したものです。

利用者は、老人ホームや養護施設で生活していくことになります。

食事や排泄、歩行などこれまで当たり前にできていたことができなくなるということはツライことです。

まずはケアプランを作成するにあたってどんな治療方針をしていくかアセスメントが重要になります。

アセスメントは情報収集のことで、看護師・社会福祉士・介護福祉士などが協力していかなければいけません。

利用者の持病・通院歴を家族や病院からの資料で調べます。

さらには、訪問して性格や体調など詳しく聞いてみることで大切です。

始めてのところで生活するわけですから、ストレスや不安はつきものですよね。

利用者の立場にたった「思いやり」の精神がなんといっても大切です。

うまく会話できない人もいます。

だからいかに、「何をしてあげたら喜ぶのか、楽しんでもらえるのか」考えていかなければいけません。

介護の現場

今の日本は、ご存知の通り少子高齢化社会です。

高齢者の方は、介護を必要としていますが、家族が面倒見きれないことが多くなっています。

だから、介護施設や養護施設に預けたいのですが、スタッフの手が足りてません。

スタッフよりも、高齢者の人数のほうが圧倒的に多くになってきている人手不足に直面しています。

資格ができる業務が増えますが、なくても働くことはできます。

アルバイトからでもできる

資格がなくても、施設で働くことはできます。

アルバイトから実際に働いてみて、自分に合った仕事かどうか様子を見る方も多くいます。

むしろ、高齢者の介護となったら予想以上に体力がきつかって、続かないことケースもあります。

会話したことが通じず、いらだちもあったりもします。

施設によっては、資格を取るための援助をしてくれることもあります。

実務を重ねながら、資格を取るということもできますよ。

アルバイトからでも来てくれるのであれば、歓迎してくれる施設は多くあります。

高齢者が好きな方、思いやりがある方であればどなたでも働いていけるので、あなたもどうでしょうか?

介護にとってアセスメントの重要性

あなたは、アセスメントを知っていますか?

介護業界でも、ケアプランを作成することが重要になっています。

今回は、アセスメントの重要性と対策法に迫っていきます。

アセスメントとは

アセスメントとは、情報収集のことです。

介護の現場では、看護師・社会福祉士・介護福祉士などが情報を共有しなければいけません。

共有して、患者さんがどんな様態なのかを知っておくことが大切です。

歩行はできるのか、食事は一人でできるのかなどを知って、一人一人にケアプランを作成していくのです。

これができていないと、事後につながることがあります。

例えば、ベットに柵を付けていなくて転倒しまうケースは多くあります、

ですが、事前に利用者にとって気を付けて対策を取っていれば起こらないことですよね。

一人一人がしっかり介護するい意識を持つことが大事でもあるのです。

そして、アセスメントを行うには、ケアマネージャが訪問しなければいけません。

介護にとってアセスメントのやるべきこと

アセスメントシートの利用者の情報を記入していかなければいけません。

職員のだれが見ても分かるように書くことが大切です。

そのためには何ができるのでしょうか

利用者の過去の通院歴や薬の利用

利用者の過去の病気や通院歴は、病院や家族からの資料で分かります。

そこから何に気を付けなければいけないか、どのような対策をすれば満足できる生活が送れるの考えていきます。

利用者の目線に合ったケアプランを作ることが求められます。

訪問して詳しく聞く

資料からでも見えてこないことはあります。

その時は、利用者の家族に実際に訪問して、具体的な話を聞くことで見えてくるものがあります。

利用者も慣れない施設で生活することから、ストレスや不安なことはつきものだと思います。

だからこそ、好きなことやリラックスできることを聞き出したりします。

注意してほしいことも聞くことで、新たな対策が考えることができますね。

問題を挙げて、解決法を提案する

資料から得たこと、家族から聞いたことの情報から、生活していくために何ができるのかを考えていきます。

問題点から見えてくる、解決法を職員と考えて提案していくのです。

とにかく利用者が快適に生活できることを考えられることが大切ですよ。

なんでもかんでも、やってあげるとかえって嫌がられることもあるので臨機応変に行動できることが求められます。

利用者のアセスメントのすることの重要性を理解して、ケアプランを作成をすることが必要なのです。

将来は、介護の仕事もaiを導入している

あなたは、介護業界が人手不足になっているを知っていますか?

だからこそ、aiロボットが導入されているのです。

今回は、介護業界の問題点やaiロボットの必要性を紹介していきます。

日本は、少子高齢化者が加速している

ご存知の通り日本は、少子高齢化社会です。

2025年には、65歳以上の高齢者が人口の3割にも上るといわれています。

そうなってくると、考えなければいけないことが介護の問題です。

寝たきりや、一人で歩行が困難な方にサポートしていない生きていけなくなってしまいます。

そうなると、老人ホームや養護施設などに預けることになります。

なぜなら、いくら家族といっても面倒を見きれないという人が多くなるからです。

一日中、介護となったら仕事ができなくなってしまう・・・

生活ができなくなってしまいまになりまsすし、お金も莫大な金額かかることは予想されます。

車いすを買ったり、介護用のベットや、その諸経費がもろもろかかりますよね。

だから、老人ホームや養護施設に預けることが経てしまいます。

ですが、みんな考えることは同じで、介護福祉士や看護師のスタッフに限界があるから、今人手不足になっているのです。

それをカバーするために、様々な施設でaiロボットの導入が進められています。

人手が足りないためにai導入へ

aiは、人工知能でインプットされた情報から動くことができます。

食事や排泄、歩行のサポート、ベットから車いすへの移動など・・・

これまで、人手が必要だったのにロボットがやってくれる

さらに、夜の巡回も強化しなければいけません。

aiロボットができることで、人手不足に解消につながり、スタッフが他の業務を粉うことができます。

必要な時だけアラームが鳴って、駆けつけて対応することができるのです。

さらには、コミュニケーションが取れるようになっていて、高齢者のストレスを軽減することができます。

このようにaiロボットは、介護業界でも人手不足の解消につながっています。

ですが、コスト面が高い、メンテナンスが大変、操作が難しい、安心感に欠けるなどのデメリットもあります。

だから、今後の改善点はたくさんありそうです。

でも、人手不足を解消することに変わりがないので、aiを導入することで将来的に期待されるといえそうですね。